作家「渡辺容子」のブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS DA PUMPのブロマイドがオマケになったら嬉しいぞ。

<<   作成日時 : 2019/03/29 20:41  

トラックバック 0 / コメント 0

 あるかたから、大変貴重な情報が寄せられた。

 グリコのアーモンドピークなるお菓子に、ロバート秋山さんのブロマイドがおまけに付いている、と!

 ロバート秋山さん、なかでもクリエイターズ・ファイルでの秋山さんに魅了されているわたしめは、早速買ってまいりました。

画像


 ブロマイドは全部で何種類あるのだろうか。
 セールになっている店を探して、オトナ買いしてこようと思う。
 ほんとうは、マイナス7オクターブのR&Bの女王アンブレラのブロマイドが欲しいんだが、まあ、仕方ない。

 ……グリコのアーモンドピークも、美味しい。で、アーモンドピークを食べていて、閃いた。

 DA PUMPのブロマイドがおまけについてきたら、オトナ買いでは済まないな、と。店ごと買い上げてしまうかもしれない(さすがにコレは嘘)。

 でもでも、ほんとうに彼らの写真や小さなフィギュアなんかがオマケについてきたら、嬉しいなあ。

 いまやダパンプといえば、国民的ヒーロー。どこかのお菓子メーカーが、ダパンプファンのため、さらなる夢企画を実施してくれないだろうか。


 それはそうと、最近、ライブ会場で販売されるというダパンプのグッズが発表になり、一応、見てみたのだが、おばさんのわたしには何だかよくわからない内容。ファビュラス感があんまし伝わってこない。いや、ぜんぜんファビュラスしてないぞ。


 意地の悪い小姑、いや、姑みたいなことを綴って誠に恐縮なんだが、ダパンプに限らず、アーティストのライブ会場で販売されるグッズって、昔から、残念なものが多い。

 たとえば、タオル。
 できれば、持ち歩きたいのに、「フェイスタオル」じゃ大きすぎる。
 風呂上がりに肩にかけたりすれば、おばちゃんらしいかもしれないが、ちょっと、ねえ。

 サッカーの選手入場のときにサポーターが掲げるタオルマフラーとか、バッグに忍ばせることが可能なハンドタトルとかのほうが、嬉しくないか?

 他のグッズについても実はいろいろと書きたいことがあるけど、うるさいといわれそうなんで、がまんしておこう。

 あ、でも、これはいっておく。

 バッジや一部のグッズのデザインはメンバーの誰かが担当しているらしいが、デザイン担当は、「お当番制」にしたらどうだろうか。


 色遣いに関しては、トモくんがずば抜けたセンスの持ち主に違いない、とわたしは睨んでいる。
 ダイチくんも楽しいアイディアをもっていそう。
 いつも同じ人がデザインするより、お当番制にしたほうが、絶対、新鮮で、楽しいはず。

 去年のライブは抽選にハズレてしまったけど、グッズはいくつか、某所で買い集めてみた。

画像


 金色のサクラの屏風カードは、近くの郵便局でゲット。ファビュラス〜!

画像




月別リンク

DA PUMPのブロマイドがオマケになったら嬉しいぞ。 作家「渡辺容子」のブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる