親指シフト・OASYSに関する素晴らしい記事が文春オンラインに掲載中!

 本日9月26日は、ワープロの日なんだそうだ。ちっとも知らなかった。

 文春オンラインに、ワープロの名機OASYSと、親指シフトキーボードに関する記事が掲載されています!

〈根強い人気なぜ? 「親指シフト」販売店に聞いてみた〉


 インタビューに応じているのは、青山にあるアクセスの池田社長です。わたしめも先代の社長さんの頃からお世話になっています。


 池田社長こそ、今の日本で、いや、世界で一番、「親指シフト」「OASYS」を熟知している男です!

 前回のエントリーにも綴ったけれど、パソコンの家庭教師や修理の人で、親指・OASYSがわかる人は、皆無です。あたしゃね、修理やデータ移行を依頼したら、親指シフトキーボードが使えなくなった、という悲劇を二度も経験している。

 さすが親指シフトキーボードを知り抜いている、そしてお仕事柄、数多くの文筆家や速記者など、30年くらい親指シフトを愛しつづけてきた人々と、毎日のように顔をあわせて接しているかただからこそ、というお話をされていますね。


 これもまた前回のエントリーと重複するけれど、親指シフトキーボードはそれだけでも素晴らしいのだが、「OASYS V10 」と組み合わせることで、「最強」「無敵」になるんです。

 OASYS V10を使うと、昔のワープロ「OASYS」を見事、再現できるわけです。


 文章を入力したあとの「削除」「移動」「複写」などが、一瞬にしてできるわけです。

 以前、修理にきてくれたセンセイに、どうやって文章を書いているのか見せてもらったことがあるけれど、すごく不自由そうでした。


 親指シフトキーボードをマスターしたら、ソフトのOASYSを導入することを強くおすすめいたします。

 親指シフトキーボードが本領を発揮するというか、すさまじい実力を発揮するのは、OASYSとセットにしてこそなんです。

 親指シフトのことを知らない人が大半。ましてや、OASYSとの組み合わせについて語れる人は、皆無に近いわけです。

 そうしたなか、池田社長のコメントの数々が文春オンラインに掲載され、パソコンの前で拍手をしている親指シフターはきっと大勢いることでしょう。



 もう一度、書いておきます。
 親指シフトキーボードをマスターしたら、是が非でもOASYSを使ってみるべきです。
 そして感動してください。
 新しい世界が間違いなく広がるわよ!