恋町カウンター 竹島宏さん

 人間というのは面白い。
 10月10日に行われるダパンプのライブの抽選にハズれてしまった途端に、あれほど好きだった彼らの曲をまったく聴かなくなり、ユーチューブでの映像チェックもしなくなりました。

 街中で、「USA」が聴こえてくると、振られた相手のことを思い出すようなダークな気分になり、そっと耳を塞ぐ……。そんなことの繰り返し。

 でも、そんなブルーな気分を吹き飛ばすような吉報が。(といっても、ユーチューブで発見しただけなんですけどね)。
「USA」をカバーして話題になったパンダライオンが、栗原市から表彰されたとか。
 市長さんの素早い対応が見事です。




 ヴォーカルのかた、お上手ですね。赤いパンツのパフォーマーのかたのダンスもキレッキレで素敵。

 ……で、ふいに思いついたのですが、パンダライオンの皆さん、次は竹島宏さんの「恋町カウンター」をカバーなさったらどうかしら。


 実は、このところ、竹島宏さんの曲に胸を打たれ、よく聴いておりますのよ。




 ノリがよくて、耳に残るメロディー。
 いかにも素人っぽいダンスが、逆に高感度大。

 この曲をパンダライオンが手がけたら、どんな音楽・映像になるのだろう。
 考えただけでワクワクしてくる。ってか、こんなことを妄想するのは、わたし一人でしょうか。


 あ、そうそう。「恋町カウンター」では、お寺のご住職が、キレキレの素晴らしいダンスを披露なさっていて、すごいのなんの。※映像をお借りいたします。




 こちらのご住職、少年隊の大ファンでいらっしゃるようですね。


 竹島宏さんの曲はまだ全部聴いたわけではありませんが、「月枕」にいたく感動。



 いつか、竹島宏さんのライブに行きたいけれど、また抽選にハズれてしまったら……と思うと、なかなか勇気がでないのよね。トホホ……。