作家「渡辺容子」のブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS DA PUMP「U.S.A.」で販売力アップを狙え!

<<   作成日時 : 2018/07/21 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 近所のショッピングモールに、この激暑のなかヨロヨロしながら出かけていくと、最初に聴こえてきた有線の曲が、ふふふっ、「U.S.A.」でございました。

 いいねダンスをするとすっ転びそうなので、心のなかで手を振り振り、足をキック。

 いつどこで聴いても、「U.S.A.」は気分を盛り上げてくれる。

 
「カモン、べいびー、アメリカ〜〜〜」と気分がノリノリだと、
 不思議なことに、「カモン、べいびー、買っちゃえ、買っちゃえ!」となってしまう。

 そんなわけで、先日まで迷っていたワンピースを即、購入。

 面白いもんで、しんみりした曲が流れていると、「やっぱ、やめておこう」となることが多い。
 曲名は挙げませんが(笑)、購買意欲を萎えさせる曲って、間違いなくあると思う。

 その逆で、DA PUMPの「U.S.A.」は購買意欲を刺激してくれる。
 有体にいうなら、財布のヒモがゆるみまくるんである。

 食事中に聴いたら、きっと食欲増進。これはちょっと困るな(笑)。


 衣料品や食品、雑貨類などのお店で、客足の伸びないところは、騙されたと思って「U.S.A.」をちょくちょく流してみるといい。
 売上がどの程度伸びるかはわからないが、ひとつ、断言できることがある。
 お店にいるスタッフの顔つきは、間違いなく明るくなるだろう。
「U.S.A.」が有線から流れてきたら、スタッフは全員、「持ち場でいいねダンスを踊る」なんてルールを作っても面白そうだ。


 あたしら物書きにとっちゃ恨めしい存在といっていい〇〇〇オフとかいう名前の古本チェーン。あそこでは、スタッフの一人が「いらっしゃいませーー」と叫ぶと、スタッフ全員がおうむ返しして「いらっしゃいませー」と叫ぶんでしょ。山びこのように。
 心のこもっていない「いらっしゃいませ」より、にこやかな「いいねダンス」のほうがお客さんにはウケるだろうし、話題にもなる。


 そんなわけで、DA PUMP「U.S.A.」で販売力アップを狙え! なんである。



 話を元にもどそう。
 ワンピースを買ってお店を出ようとしたとき、トモくんぽいシャツを見つけてしまった。

 「U.S.A.」ぽいよね。

 
画像



 しかも、ツイていて、6000円くらいしていたモノがセールで、うはっ、799円。

 数年前から生活環境が大きく変わり、その後、ボウリングで腰をいためてから、つまんない毎日で、何も楽しみがないから食べてばかりで相撲取りみたいに激太りしてしまい、周りの人たちから呆れられていたんだが、久々に本気で痩せよう、と考えている。

 いつかDA PUMPのライブに行きたい!
 そして行ったからには、一生懸命応援したいっ!
 でも、いまの関取みたいな体型で、しかも、ここ数年の間に信じられないくらい体力が落ちている。こんなじゃ、ライブ会場に向かう途中でぶっ倒れかねない。

 ぜったいに痩せて、体力つけて、もっと元気になって、DA PUMPのライブに行きたい!

 きっと、同じようなことを想っている人たちが、数万人単位でいるんだろうなあ。

 DA PUMP、最高。ありがたいこっちゃ!

画像



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

DA PUMP「U.S.A.」で販売力アップを狙え! 作家「渡辺容子」のブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる