作家「渡辺容子」のブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS DA PUMP 「いいねダンス」もいいが、オトナなら「出前持ちダンス」で勝負しよう

<<   作成日時 : 2018/07/09 19:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 きょうも備忘録として少し書いておこう。

 街中で「U.S.A.」が流れてきたとき、あなたはどこのフレーズで踊りたくなるか。

 たぶん若い人たちの大半は、「カーモン、ベイビー、アメリカ」のところ。つまり、耳元で腕を上下させつつ、足をキックする、「いいねダンス」じゃないのかしら。

 だがね、年寄りに、あの足をキックしながらぴょんぴょん跳ぶダンスはちょっとキツい。
 バランス感覚が衰えていたら、転倒するリスクもある。

 かといって、インベーダーは、場所を選ぶから、難しい。ある程度スペースがないと、ぶつかっちゃうでしょ。

 その点、ユー、エス、エー、と腕を交差さて、背伸びするアノ振りなら、転倒するリスクは少なく、腰に負担もかからない。


 しかし、である。

 シニアにもっと相応しいダンスを見つけてしまったのである。

 それが、タイトルにも記した「出前持ちダンス」なんである。

 曲は、こちら「New Position」です。↓↓

画像



 この曲でのTOMOくんのダンスはワイルドなのに、エレガント。

 「魔王」と呼びたくなるキレキレぶりを発揮していたかと思うと、ふんわり、乙女っぽいポーズが披露されたり、と、随所に見どころが隠されている。片時も目が離せないんである。

 で、その「出前持ちダンス」に至るプロセスを時系列にそって、簡単に追っていこうと思う。

 ※ スクリーンショットが使えると良いのだが、恥ずかしながら、パソコンではどうやったらスクショが撮れるのか、理解しておりませんの(涙)。普通のキーボードと違うから、へたにいじって、入力できなくなると大変なので、苦肉の策で、PCの画面を写真に撮りました。


 ワンコーラスのラスト近く。

 歌詞「♪訪れるであろう♪」
 ここで、TOMOくんは、乙女なカンジに両手を握りしめるポーズを披露。
画像



歌詞「♪願い叶う日まで♪」
 華麗な雰囲気の耳押さえポーズ。

画像



 続けて
「♪Together Together ♪」
 ここでは、両手を交互にゆったり回す、いわゆる「指さし確認」のポーズ。
 TOMOくんは、指さきまで「ピーン」と神経を行き届かせ、美しい。どことなくタカラヅカの男役みたい。

 うん。彼の魅力は、ココにあるように思う。男らしくワイルドなのに、一方では、優雅でジェンヌ風。

 断って置きますが、ジェンヌ風というのは、最大級の賛辞です。
 夢を届けるお仕事でしょ。相反するものが同居している、いってみればアンビバレントこそ、ものすごい魅力を放ち、吸引力につながっているように思えるんだがなあ。


画像





そして、ついに、出前持ちダンス。
「♪Oh! ♪」


画像


画像


画像


 出前持ちダンスは、転ぶ心配がないので、最高。
 年をとると、めまい持ちの人も多く、突然、派手に踊りだすと、それだけでグルグル目が回ってしまう、なんてことも少なくない。その点、出前持ちダンスなら、安心ざんす。


 というわけで、今夜もこの動画を鑑賞して、うっとりいたします。




月別リンク

DA PUMP 「いいねダンス」もいいが、オトナなら「出前持ちダンス」で勝負しよう 作家「渡辺容子」のブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる