作家「渡辺容子」のブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS フクロウは、文芸の神様ですって

<<   作成日時 : 2018/07/10 19:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 いやー、暑い。
 昼過ぎに近くのコンビニに用があったんだが、途中、二回くらい、私自身が溶けそうになった。

 室内にいる間は、エアコンでのおかげで心地よい温度に保たれているんだが、どうにも集中力がつづかない。

 ある分野のことを勉強しつつ、読者のみなさんを「えええええっ」「おおおおおっ」と、驚愕させる「どんでん返し」を考えなければいけない。で、これが、ぜんぜん思いつかず、なかなか苦しい。


 そんなときは、黙々と庭仕事をすると、頭がすっきりしてストレス解消になるのだが、この暑さでは熱中症になりそうで、ガーデニングは当分、封印。


 それはそうと、最近、フクロウグッズを集めはじめました。

 ある女性が、フクロウを象ったとても素敵なペンダントをしていて、「私も同じのが欲しい」と、物欲を刺激されたのが発端。

 それまでは、まったくフクロウにときめくことはなかった。鳥関係がそもそも苦手だし、フクロウって肉食動物だから、ヒヨコちゃんとかマウスを食べると聞いた覚えがある。ちょっと怖いイメージがあったのだ。

 だが、その女性曰く、「フクロウって、不苦労とも書くくらい。お守りになるんですよ」

 あんまりそういうのは信じないことにしているのだが、その女性と同じペンダントをゲットしたところ、その日のうちに、ラッキーな出来事がつづいて起きた。


 で、フクロウ集め、です(笑)。


画像


画像


 この素敵な刺繍のフクロウたちは、山ぶどうのバッグに付けようと思っていたんだが、落とすと悲しすぎるので、ときどき眺めて、うっとりする「オブジェ」です。

 フクロウを象ったモノを集め始めて、「ああ、そういえば!」と、あわてて大きな袋に駆け寄った。
 今度、リサイクルショップに持ち込もうと思っている「不用品」のなかから、このコを救出。

 間に合って、良かったわ。

画像


 誰かにもらった小さなフクロウのぬいぐるみ。
 つぶらな瞳が可愛いと思いながらも、鳥が苦手なので、どなたか可愛がってくださるかたのもとに養子縁組できれば、と思っていたのだが、苦手意識が消えたおかげで、一転して、家族の一員です。


 このエントリーを書くにあたり、ネットで調べると、フクロウはローマ神話では「文芸の神様」だとか。
 ほうっ。



 日々コツコツと努力をつづけていけば、忘れたころに、良い知らせが舞い込むかもな。


 なーんて、最高の口実ができちまったな。
 高価なフクロウグッズを見つけたら、「だって、文芸の神様なのよ」とつぶやけばいい。

 「自分へのご褒美」と並ぶ、買い物のときのいいわけフレーズ、決定。


月別リンク

フクロウは、文芸の神様ですって 作家「渡辺容子」のブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる